写真士 Takiguchi Takumi

Issue of taking a picture, for me

テクノロジーの進歩により綺麗な写真が簡単に撮れる時代の中で、ある時には自分を託す媒体としてある時には世界に関わっていく足場となりうる「写真」とは何か、を求めていくことが私にとっての「表現としての写真」の根底にあります。

シンプルに言えば感覚を友とし心が反応した瞬間にシャッターは切れば良いのでしょう。しかしそれは単に表層に反応することだけを意味するものではないと考えます。考えること...流転し続ける現象である「世界」を前にした終わりのない思考があるからこそ感覚は意味を持つのだと思います。

カメラという現実を切り取る道具を使って現実の少し向こう側に手を伸ばし、掴んだと思ったらまた先にそれはある、時々そんな終わりない作業を続けているような気がします。写真を撮る行為とはある種の冒険なのかもしれないですね。

写真士Takiguchi Takumi

Instagram